プロジェクト見学申し込み

プロジェクトの見学は 無料 です。見学期間は 2週間 です。

プロジェクト参加までの流れ

Flow 1
プロジェクトの専用Slackチャンネルへ参加
Flow big arrow
Slackで日々のコミュニケーションの様子を見学
Flow 3
プロジェクトが気に入ったら参加申し込み!
コミュニケーション
Cover

レガシー産業に勤める人々のあらゆる世代間ギャップを解決したい!

期 間
終了
オリエンテーション
開催済み
ゴール
最低限の実証を経てプロダクト開発が着手できる状態
課題についての想い
リーダー : 阿曽 龍二
Leader
原体験
テレビ業界では視聴者の高齢化が進み、若年層の視聴者が減少している。しかし娯楽のニーズがなくなっている訳ではない。むしろ新しいトレンドは凄まじいスピードで次から次へと生まれている。テレビ業界が苦戦しているのは、ネットやスマホの普及により視聴者も作り手も世代別の生活習慣と価値観にはっきり違いがでてきたからではないだろうか。

課題
ユーザーのニーズを理解し、多様なライフスタイルを持つ人が共感できるサービスやコンテンツを作るべきなのだが、そうできていない企業や組織が多い。適切な状態で人がサービスを受けれていない環境が課題である。

世界観
ユーザーインサイトを科学し、適切な状態でコンテンツやサービスを提供できるインフラを作りたい。対象ユーザーの理解を深め、価値観のギャップに対応、調整ができる仕組みを身近なテクノロジーを使って実装したい。

ソリューション
同業界で世代間ギャップを解消する翻訳ツールを作る。その後、業界を広げてあらゆる世代が一緒に仕事をしやすい状態にする。そこで得た情報を元に、サービスの作り手と受け手のギャップを解消するツール開発を行う。

プロジェクト見学申し込み